MENU

ドラッグストア薬剤師について

薬剤師は、薬学を学べる大学を卒業した後、国家試験に合格する事で得られる国家資格です。

 

従来は、薬学を学ぶ事が出来る4年制の大学を卒業すると、薬剤師の資格を得るための国家試験の受験資格を与えられ、国家試験に合格する事で資格を得る事が出来ました。

 

しかし、平成18年4月の入学者は、6年制の大学を卒業しなければ国家試験の受験資格が与えられなくなっており、大学で学ぶ期間が長くなっています。

 

薬剤師の就職先と言うのは、製薬メーカーを初め、病院の薬局や介護施設、処方箋を受け付けている薬局、中には医薬品を取り扱うコンビニエンスストアなどが有ります。

 

ドラッグストアも薬剤師の就職先として人気が高いのですが、ドラッグストアと言うのは色々な商品を取り扱っている店舗が多く在り、医薬品以外にも一般的な薬、洗剤、お菓子、飲み物、化粧品など多岐にわたります。

 

仕事内容としては処方箋の受付や医薬品の処方、処方箋を持って来た患者さんや家族などに対しての服薬指導などになりますが、色々な商品を取り扱っているドラッグストアなどの場合は、お店の中の掃除や接客、レジ業務、商品の補充と言った仕事も行う事になります。

 

尚、お店の中には薬剤師が不在中には販売が出来ない医薬品も有ります。
これは病院の医師が作成した処方箋とは別の取り扱いになる医薬品なのですが、薬剤師が不在中は販売が禁じられており、医薬品の副作用や効果などについての説明が必要であり、これについても仕事内容の一つになっているのです。

関連ページ

正社員ドラッグストア薬剤師との比較
調剤薬局とドラッグストアで悩まれている薬剤師さんに正社員で働くドラッグストア薬剤師を紹介しています。
アルバイトのドラッグストア薬剤師求人
薬剤師でドラッグストアで働く場合、アルバイトで働く事も可能ですよね!条件面なども優遇されるドラッグスト薬剤師求人の探し方
派遣で働くドラッグストア薬剤師
高時給、高待遇で働く手段として派遣があります。ドラッグストア薬剤師の派遣は特に需要も多く求人数も多い職場です。