MENU

正社員のドラッグストア薬剤師

薬剤師転職にあたり、何を重視するかによっておすすめする職場は異なりますが、ドラッグストアでの正社員の薬剤師転職は大いに年収アップが期待できるでしょう。

 

薬剤師として人気の病院薬剤師や調剤薬局薬剤師では年収の頭打ちもあり、長年勤務すると年収が下がる可能性もあります。およそ400万円から600万円ほどの年収が期待できますが、年収以上の勤務時間の拘束や不規則な勤務体制などでいくら仕事が好きでも仕事に対して報酬が見合ってないと感じる人も少なくありません。

 

一方でドラッグストアでの業務内容は処方箋受付のある勤務先では調合や患者に対して薬の服薬指導などがメインですが、市販の薬の相談やレジや接客も加わります。
賞与は店の売り上げにも左右される事もあり、店長クラスまで登りつめれば一気に100万円から300万円ほどの年収アップが臨めます。

 

病院などの上司や他の医療従事者とのしがらみも比較的少なく、ドラッグストアの勤務先の人間関係が良好であれば非常に働きやすいと言えます。本来の薬剤師としての調合、薬の指導など知識を活かして働く事が出来ますが、売り上げに対してもシビアに動く事が求められる為、薬剤師どっぷりの業務内容でない点にやりがいを見いだせない人には不向きとも言えます。

 

しかしドラッグストアでは街のお医者さんに代わる大切な存在でもあり、ちょっとした事で病院にいかない人にとっては頼りになる存在です。地域の人に親しまれやすいメリットもあり、誰か人の役に立ちたいという面では前面に出して働ける職場とも言えます。

関連ページ

ドラッグストア薬剤師について
調剤薬局とは異なるドラッグストア薬剤師について紹介しています。就職、転職の際には多岐にわたる仕事内容などがネックになる事もあります。
アルバイトのドラッグストア薬剤師求人
薬剤師でドラッグストアで働く場合、アルバイトで働く事も可能ですよね!条件面なども優遇されるドラッグスト薬剤師求人の探し方
派遣で働くドラッグストア薬剤師
高時給、高待遇で働く手段として派遣があります。ドラッグストア薬剤師の派遣は特に需要も多く求人数も多い職場です。