MENU

調剤薬局薬剤師の仕事内容 1日の仕事

調剤薬局の薬剤師はどのような仕事内容となるのか、これから調剤薬局で働くことを検討している人にとってはかなり気になる部分だと思います。

 

基本的に処方箋をもって患者さんがお店にやってくると、それを見て薬を渡すというこの職業の独占業務を行います。また、その時にはしっかりと薬の服用の指導をすることも忘れてはなりません。1日の仕事はこの繰り返しとなります。

 

在庫チェックをしたり、薬を調合するといった仕事もあれば、時には患者さんの元へ薬を届けることもあります。調剤薬局には薬剤師の他にも事務員が在籍していることが多いです。どのような仕事の役割分担になっているのかは職場によって結構違いがあります。

 

いくつかの調剤薬局で仕事をしたことがあるベテランの人になると、こうした違いは本当に良く分かる点だと思いますが、例えば薬を患者さんのところへ届ける仕事は事務員の仕事となっている職場もあれば、新しい職場で働く際にはその仕事が薬剤師の仕事の場合もあります。

 

当然ながら、このようなケースになると何故事務員がやらないのかと疑問に感じるものです。仕事内容はそれほど難しい仕事をするわけでもありませんし、患者さんと接することが出来る仕事なのでやりがいを感じることも出来ますが、調剤薬局は職場によって人間関係を含めた環境が異なることが多いことから、自分にとって合う職場もあれば全く合わない職場も出てくることはしっかりと頭に入れておきたいものです。

 

調剤薬局薬剤師求人紹介で選ぶ薬剤師求人紹介サービス


調剤薬局の薬剤師求人募集は多い

薬剤師求人募集の中で一番多い職種、職場が調剤薬局ですね!薬剤師求人サイトの求人募集の半数以上が薬局系、調剤薬局です。調剤薬局の薬剤師求人募集が多いのですが、薬剤師の就職、転職先としても人気があり、希望者も多いので、好条件や好待遇、高給料の募集には応募者が多くなることも少なくありません。

 

調剤薬局の薬剤師求人募集が多い半面、応募者も多くなることも多いことで、希望する求人、職場探しには時間がかかることもあります。条件面、報酬面を絞ることで求人探しが難しくあることも少なくありませんよね!確かに調剤薬局は、医療分業で店舗数も大幅に増えました、全国の調剤薬局は、コンビニよりも多く薬剤師の需要は高いといえますが、都市部などでは、薬剤師数も多いので調剤薬局の求人募集が多いからと安心はできないですね!

 

調剤薬局は薬剤師の就職、転職先として人気がありますが、求人募集も多く有ることで求人探しをしている薬剤師さんの中には絞り切れない方も少なからずいるようです。特に自分で求人情報などを収集している方のこの傾向があります。
そこで、役立つのが、薬剤師求人サイトのコンサルトさんです。一般的な求人サイトやハローワークのサポートとの決定的な違いは、薬剤師業界に精通しているスタッフ、中には薬剤師資格をお持ちの方も多く、求人探しの際のサポートでは頼りになります。細かいアドバイスや求人票には載らない情報などもわかるケースも多く職場選びの決定的な情報も豊富です。
調剤薬局は、求人数が多いことからの、求人探しの難しさもあるので、信頼できる薬剤師求人サイトのコンサルトさんのサポートは頼りになりますよ!