MENU

調剤薬局薬剤師の将来性

調剤薬局で働くことは薬剤師にとって将来性があるのかどうか、これは本当に長い目線で考えるとかなり将来性は高いと言えます。

 

その理由として調剤薬局は全国にとてもたくさん店舗があり、ドラッグストアを含めると本当に多くの職場があることになります。これによって仕事を見つけやすい、自宅の近所でも仕事を探せるというメリットが出てきます。

 

年齢が若い人の場合、独身者の人の場合はどんな職場でも選びやすいですが、結婚をしている人や高齢の人になると、やはり都合良く仕事を見つけることが難しくなります。

 

しかし、調剤薬局であれば割と簡単に職場を発見することが出来るので、仕事を探しやすいというメリットがあります。待遇についても将来性を語る上で欠かせない点となりますが、調剤薬局の薬剤師で高待遇を求めるのであればやはり管理薬剤師になれるかどうか、ここがキャリアアップの一つの目標となってきます。出来れば年齢がそこそこ高くなるまでにはこの役職に一度は就いておき、仕事の経験をしっかりと積んでおきたいものです。

 

正社員として仕事を探すなら年収500万前後は狙えますし、パートや契約社員として働く場合でも時給は2000円前後は確実に狙っていくことが出来るので、やはり稼ぎやすいという点はとても魅力的です。もっと高待遇を望む人にとっては製薬会社で重役になるなど、他の選択肢の方が魅力的になることもありますが、一般的な年収は軽く稼ぐことが可能な職場だと言えます。