MENU

調剤薬局薬剤師と病院薬剤師の違い

薬剤師の仕事といっても内容は様々です。特に調剤薬局と病院薬剤師はその業務の内容などに大きな違いがあります。自分がやりたい仕事や求める条件などから働き方を選びましょう。

 

調剤薬局ではいろいろな病院から処方された処方箋に沿ってお薬を出します。簡単なお薬の説明や病状についてのお話をすることもあります。長く通院をしている方の場合にはお薬が変わったときに間違って飲むことがないように丁寧に説明をします。

 

最近は街のドラッグストアに併設された調剤薬局というのも増えています。そういった場所では場合によっては調剤以外の業務もする必要がでてきます。パートでの勤務も可能で勤務する薬局も街中に多くあるので選びやすいというのは調剤薬局で働くメリットといえます。

 

それに対して病院薬剤師は病院内に入院している方へのお薬を調剤するのが仕事となります。医師からの指示に従うだけでなく患者さんとより深く関わることができます。
患者さんの病状によって調剤を変えていくなど、積極的に調剤について参加していくことになります。お薬の情報を集めて医師に伝えたり、製剤や治験などの仕事も病院薬剤師にはあります。薬剤師としてのキャリアを上げていきたいという方が病院での勤務を選ぶ場合が多いです。

 

このように薬剤師には様々な働き方があります。キャリアアップのための転職や希望する条件に合う職場に変えるための転職など多くの選択肢の中から理想の職場をみつけましょう。

 

調剤薬局と病院薬剤師求人を比べられる薬剤師求人紹介サービス

医療分業の見直し

医療分業は、医師が患者に処方箋を出し、薬局が処方箋をチェックする役割を病院の敷地内での薬局の併用を認めない規制ですね!この規制を緩和を認める法案がされています。見直しですね!
当初は、医薬分業のメリットが取り出されましたが、患者目線では、病院内で今まで処方箋の薬の受け渡しが出来ていたのですが、病院内では、処方箋の受け渡しが出来なくなったことで、病院外の調剤薬局などに持ち込み処方していただくようになりましたが、患者にとってはメリットはほとんどありません。手間、負担、時間もかかり患者面では、不評な制度改正で、ここにきて見直しがされています。

 

医療分業、医薬分業の影響で、全国の調剤薬局は大幅に増加しました、これがまた見直されると調剤薬局の減少は免れないのではないでしょうか?
調剤薬局の減少は薬剤師さんの職場環境に大久喜影響することだと思います。中には職場が無くなる薬剤師さんも出てくる事態ですね!逆に病院勤務の薬剤師さんの増加に繋がります。医薬分業の影響で病院で働く薬剤師さんの数が減少しましたが、規制の緩和でまた、病院薬剤師の求人募集が予想されます。病院勤務の薬剤師さんの希望は多いのでこのチャンスは見逃せないですね!
医薬分業、医療分業の規制緩和は直接、薬剤師さんの職場に影響しますので動向には注目です。