MENU

調剤薬局薬剤師とドラッグストア薬剤師の違い

薬剤師が働く場に調剤薬局やドラッグストアがあります。この2つの違いは「処方箋を取り扱って調剤業務があるかどうか」です。
調剤薬局は主にクリニックなどの医療機関の近隣に立地してある事が多く、医療機関から処方された処方箋を元に患者が訪れて薬剤師が調合、薬の説明をする事が主な仕事でもあります。

 

1日にこなす調剤の量もある程度大きな変化もなく、安定して業務をこなす事が可能です。規模にもよりますが、薬剤師が1人または2人から3人程度で回す事が多い為、少人数での職場を望む人には向いていると言えるでしょう。

 

一方でドラッグストアとは市販の医薬品を中心に日用品まで揃えている小売形態の事で調剤業務はなく、お客様へ市販の薬のアドバイスや店舗運営が主な業務内容です。

 

中にはドラッグストアと調剤薬局を兼ねた「丸丸薬局」という市販の医薬品販売や日用品販売にプラスして処方箋を受付して調剤業務がある所もあります。
いずれも店舗運営に関わる部分が大きく、将来の店長候補に成り得る存在でもあります。

 

調剤薬局に比べてお客様と薬の件で接する機会は少なくて薬学知識を活かす割合も減りますが、日々の医薬品の進歩で市販の医薬品への知識やお客様の症状から見合った薬を提供する点ではただ医師からの処方箋だけ見て調合していく縦割りの仕事内容とは異なって、自分の知識を最大限に活かしてお客様へ奉仕出来る職場とも言えます。
福利厚生も充実している事が多く、賞与なども売り上げ次第で数百万円変化する可能性はある為、やりがいは大いにあります。

 

調剤薬局とドラッグストア薬剤師求人を比べられる薬剤師求人紹介サービス

調剤薬局のドラッグストア化

調剤薬局とドラッグストアは、薬剤師の職場として比べられますね!
特に最近は、調剤薬局とドラッグストアの壁が無くなりつつありますね!大手の薬局もドラッグストア化している店舗も多く、薬局のドラッグストア化はますます進むと予想されています。

 

調剤薬局とドラッグストアを比べること自体、この先無くなるかもしれませんが、ここでは調剤薬局に視点を当てて紹介している事もあるので、調剤薬局の薬剤師について紹介していきたいと思います。

 

ドラッグストアは、薬剤師の職場としては、不人気です、逆に調剤薬局は、薬剤師の職場としては人気の職場です。しかし上記で紹介したように、調剤薬局のドラッグストア化で調剤薬局へ就職したはずが、ドラッグストアに近い調剤薬局で働くことにもなりかねないですよね!
実際、このような事が起こってきています。

 

調剤薬局の職場を希望するのなら、自分が希望する店舗、働き方が出来る就職、転職をしなければいけませんよね!
ドラッグストア化してきている薬局も多くありますが、逆に門前薬局など、純粋に処方箋作業がほとんどの調剤薬局もたくさんあります。

 

このことからも、調剤薬局でもドラッグストアよりの店舗もありますので、希望する店舗が、どのような形態の調剤薬局なのかを良く調べたうえで応募しなければ後で後悔することにもなりかねません。

 

そこで、役立つのが、薬剤師求人サイトですね!薬剤師求人サイト、転職サイトでは、専任コンサルトさんがサポートしてくれることがほとんどで、このコンサルトさんにあなたが希望する働き方が出来る調剤薬局の薬剤師求人をお願いすれば希望の求人紹介が可能になると思います。
また、どのような店舗、会社なのか事前にリサーチしていることがほとんどですので、求人票には載っていない情報も入手できますよ!