MENU

門前薬局とは

門前薬局とは、病院の前に立ち並ぶ調剤薬局を指します。寺社の前に、商店が立ち並ぶ門前町をもじったものです。
医薬分業により、誕生した調剤薬局は、患者を薬漬けにしないようにと言う配慮があり、ある程度その目的は達成しています。

 

病院のすぐ前とはいえ、病院の敷地内からは完全に離れているため、高齢者や障害者が一旦病院を出て薬局まで行かなければならないと言う不便さがあり、この点を見直そうと言う動きもあります。見直された場合は、病院の敷地内に薬局を開設してもよいという可能性もあります。
どちらが患者のためになるかわかりませんが、現行の門前薬局は、薬価を安く患者に提供できるメリットもあるといわれていますので、こちらも魅力はあります。

 

また、門前薬局は病院が出す薬の内容をほぼ把握しているので、在庫切れがありません。どんな場合でも、病院が作成した処方に従った薬を調剤できるメリットもあります。問題は大きな病院の前の薬局は常に混んでいて、待ち時間が長いという欠点があります。

 

ただ、門前薬局の場合は複数軒の薬局が集まってお客が好きな薬局を選べるようになっているので、混み具合が平均化した場合は待ち時間が少なくて済むというケースもあります。
患者にとっては、病院の中で薬を受け取ることが出来る以前の方式を懐かしむ声もありますが、これが病院の敷地内にも薬局を開設できるという提案に繋がっているようです。ただいつの場合でも薬局は病院に対して弱い立場にあるので、病院の敷地内に薬局が開設されたら、その利権を巡ってさまざまな問題が起きる可能性もあるので注意しなければなりません。

 

門前薬局の求人紹介出来るサービス


門前薬局の増加

医薬分業は処方と調剤の分業です。医師の処方箋を薬剤師が調剤するという分担です。目的としては、病院内での処方、調剤での医薬品の増加を防ぐ目的だと言われています。

 

この医薬分業の影響で、病院外、病院近辺に調剤薬局が増改しました。門前薬局と呼ばれる薬局で主に病院で処方された薬の調剤を行います。

 

門前薬局は、ここ数年で増加したため薬剤師の雇用も多くなり薬剤師の職場としても人気がありますね!処方箋数が多い為、調剤の仕事を希望する薬剤師さんやスキルや経験を積みたい薬剤師さんの応募も多い職場です。

 

調剤薬局の中でも門前薬局は、薬剤師求人数も多く正社員、アルバイトやパートの募集も多くあり、主婦薬剤師さんやママ薬剤師も働き方、就業時間の融通が利きやすい職場も多いですね!

 

しかし、医薬分業は、患者さんの不満も多く見直しも検討されているため、今後門前薬局の減少、院内薬局などへなるとも限りません。
急激に増加した門前薬局ですが、これからそのしわ寄せが来るかもしれませんので、門前薬局への転職などをお考えならこの辺りも気にしながらの求人探しもしなければいけないかもしれませんよ!