MENU

門前薬局薬剤師の役割

門前薬局とは病院の前に並んでいる調剤薬局のことを言います。

 

門前薬局薬剤師の主な業務は医師の処方箋にもとづいて調剤を行うことです。特に総合病院の近くにある門前薬局であれば、取り扱う薬の種類も多いため、多くの知識が求められます。

 

しかし、薬剤師の業務はそういった受動的、機械的な作業に終始するものではありません。
医師の処方に基づいて正確な調剤を行うだけではなく、患者が薬を服用する上での安全性を管理していくことも立派な仕事です。副作用やアレルギーなどに対して注意を払うことは勿論、患者によっては他の病院にもかかっている場合があるため、処方された薬との重複や、併用禁忌などに関して、主体的にチェックしていかなければなりません。

 

その結果、医師の処方した薬に危険性を感じた場合には、医師の処方の変更を提案することも門前薬局薬剤師に課された重大な役割です。

 

「セルフメディケーション」という言葉があります。
WHO(世界保健機関)は「自分自身の健康に責任を持ち、軽度な身体の不調は自分で手当てすること」と定義していますが、現在、多くの人々にとって「健康」とは、医師頼みではなく、自ら積極的の増進していくものだという考え方が一般的になっています。そして、そのような流れの中で、薬剤師には、人々に対し健康に関する情報を正確に提供していくことが求められています。

 

薬剤師とは、決して「技術職」に終始するものではありません。すなわち、「与えられたことをこなす」だけではなく、常に人々の健康を願い、そのための情報を提示していくためのコミュニケーション能力が大きく問われているということです。
特に、門前薬局薬剤師は、多種多様な病状の人々と向き合うわけですから、その役割は非常に大きなものであると言えます。

 

門前薬局の求人紹介出来る求人サービス